メキシコハンモック旅行記 – 前編

メキシコハンモック旅行記

 

 

皆さん、こんにちは!
めったにブログに登場しない石原です。

 

 

先月にSusabiメキシカンハンモックが
発売しました!
おかげさまで、ご購入頂いた方には
大変気に入って頂いています。

 

 

さて、このメキシコハンモックですが、
今年の1月末に、私がメキシコ出張に行き、
現地の職人の方たちに会って、
作ってもらいました。

 

 

今回は、その時のハンモック村訪問記を
前後半に分けて、書きたいと思います。

 

 

今回訪れたのは、
メキシコ・ユカタン半島のメリダという街。
メリダは、世界遺産などの
マヤ遺跡の観光として有名で、
コロニアル様式の町並みが
美しいユカタン州の州都です。

メリダの町並み

 

 

メリダは、
メキシコ一治安がいいと言われる街です。
初日は夕方に到着したのもあり、
夜に散歩したのですが、
全く危険を感じませんでした。
中心部の広場では、
街の人達が屋台で食事をしたり、
まったりしたりしているなど、
日本の町中よりも安全な感じがします。

 

 

このメリダは、
ハンモックの街としても有名で、
町中にはハンモック屋がいくつもあります。
ただ、実際ハンモックが作られているのは、
メリダの市内ではなく、
郊外にあるマヤの村々です。

 

 

翌朝、今回案内してくれる
ハンモック会社の社長と
日本が大好きで
日本語勉強中のルイス君と共に、
一路、その村を目指します。

ハンモック村へ

 

 

町中を出てからは、
国道や高速道路をぶっ放すこと約1時間半。
目的のハンモック村につきました。

ハンモック村に到着

 

 

車中で、中南米はフルーツ安いねって話を
していたので、青空八百屋に寄って、
オレンジやバナナ、マンゴーなんかを
買ってくれました。
おじさんが、
お茶目でオマケもしてくれて、すごくいい人。

露店

 

 

最初の目的地、職人のまとめ役、
ガボさんの家に行きます。

ガボさんの家

 

 

早速いくつかの
ハンモックをチェックします。

ハンモックチェック

 

 

こんな感じで、
ハンモックをすぐに
取付けられるようになっています。

ハンモックの取り付けが簡単に

 

 

この後、村の家に何軒かお邪魔したのですが、
ほとんどの家は一部屋一部屋が
あまり広くないので、寝る時以外は
ハンモックをしまうという
方法は非常に合理的です。

 

 

ちなみに彼の家では、
小さめのベッドも置いていて、
私からすると断然ハンモックの方が
いいとは思うのですが、
ベッドの方がいいのでしょうか。

 

 

ブタも飼っています。
かわいいです。

飼ってるブタ

 

 

職人さん達を訪ねる前に、
腹ごしらえということで、
昼食をごちそうになりました。

メキシコ料理

 

 

これは、「Tamales Torteados」
という家庭料理で、
小麦粉(とうもろこしだったかも)の
生地に鶏肉やトマトなどを
混ぜた具を入れ、
バナナの葉で包み、蒸します。

メキシコ料理

 

 

家や地方、国によって
具もいろいろ変わるみたいですが、
これが中々おいしい!
ただ、中南米料理なので結構油っこく、
かなりボリューミー。
3つ食べてかなりお腹いっぱいです。
大食いのルイスは、
軽く7個食べていました。

 

 

次回は、
いよいよハンモックの製作現場に向かいます。