ハンモックの歴史

ハンモックの歴史について、あれこれ

こんにちは!
遊び(すさび)新参者のムラカミです。

 

 

只今絶賛ハンモック勉強中でございまして、
これから覚えたことを少しずつ、
皆様にブログを通してシェアさせて
いただきたくキーボードを
打っている所存です。

 

 

さて、
記念すべき初回は
『ハンモックに歴史ってあるんだね…!!!!』
です。

 

 

知っている方もいらっしゃるとは思いますが、
知らない方の方が大多数だと思うんです。
なので、

 

 

『ハンモックって最高!』
以外のことも知ってもらいたい!

 

 

そんなハンモック新人の想いを
乗せて更新します。
.
.
.
.

 

 

❶ハンモックの由来

 

 

「ハンモック」は本来、
スペイン語で「ハマカ(hamaca)」
と言います。

 

 

このハマカがが英語になったものが
「ハンモック(hammock)」になります。
発音では「アマカ」と言います。

 

 

ぜひ使ってみてくださいね。
アマカ!!!

 

 

ちなみに調べたところ、
ハンモックは日本語で「釣床」に
なるそうです。

 

 

いや、そのまま!!!
って感じですね。笑

 

 

ハンモックの歴史

 

 

ハンモックの歴史は、
中南米の先住民がハンモックを
寝具として使用したことから始まります。

 

 

高温多湿の気候で、
暑いなかでも快適に寝れるように
生み出されたハンモックですが睡眠中、
動物や毒虫に襲われないよう、
地面からなるべく離れて
眠る必要もあったようです。

 

 

そして最初のハンモックは
ハマックツリーの樹皮から作られました。

 

 

先ほど出てきたハマカ(hamaca)は
この木の名前が由来だったのです!!

 

 

最古のハンモックがコロンビアの
首都ボゴタで見れるそうで
写真を拝見しましたが
網状のハンモックでした。

 

 

最古のハンモック

 

 

なんだか樹皮とか網状と聞くと
硬くて痛そうですが、

 

 

こうした先住民の人々の知恵が
ラテンアメリカのライフスタイルを、
そしてハンモックを好み愛用している
世界の人々のライフスタイルを
作ったんですね。

 

 

ブログにもすでにありますが
今やたくさんのハンモックスタイルが
生まれています。

 

 

中でも本場のハンモックの心地よさを、
伝統的なスタイルを体感してほしい。
そんな想いでsusabiは中南米で作られる
高品質なハンモックを
取り扱い、推奨しています。

 

 

susabi

 

 

❷ハンモックの流通

 

 

『先住民が使ってたハンモックは
どうやって世の中へ!?!?』

 

 

コロンブスが新大陸発見時の探検で
ハンモックに出会ったことが
きっかけとなりました。

 

 

先住民たちがハンモックで
寝ているのを目にし、
驚いて記録に残したという事実が
当時の日付とともに記録されています。

 

 

コロンブスがヨーロッパに
ハンモックを持ち帰ったことで
ヨーロッパの軍用艦船で
16世紀の末頃から、
船舶一般でも17世紀には
乗組員の寝床として
広く使われていたとされています。

 

 

ハンモックは船の揺れと
同調して動くので、
寝ている間に
床の上を転がっていってしまったり、
落ちてしまう危険がなく
快適に眠ることができるからです。

 

 

こんな深い理由で
ハンモック乗ったことないよ・・・
と思ってしまいますよね。

 

 

こうして長い年月を経て
世界へ広がっていったのでした。

 

 

今ではアウトドアのシーンにも
欠かせないハンモック。
スタイルや用途が多様化していますが
今でも寝具としての
変わらない使い方も続いています。

 

 

と、長くなってしまいましたが
たくさんの歴史が
ハンモックに詰まっていたんです。

 

 

こうして歴史を知ると
使用感を含めハンモックを
愛せそうではないですか?

 

 

ということで本日の
ハンモック勉強を終わります。
最後までお付き合いくださり
ありがとうございました。

 

 

ムラカミ カナエ